iPhoneを手に持つ男性

iPhone修理でフレーム交換も可能!

赤いiPhone

iPhone修理といえば、ガラスパネルや液晶パネル、ホームボタンやバッテリー交換など部品調達可能な部分は全て交換可能です。基本的にはメイン基板以外であれば、iPhone修理は可能であり、多くのiPhone修理の専門店がサードパーティ製の部品を使用してiPhone修理を行っています。しかし、メイン基板と同様にiPhone修理が困難なのがフレームです。
落下や巻き込まれ、踏み付けといった事象によりiPhone自体のフレームが変形してしまうことがあります。多少の変形であれば、メイン基板にダメージが無い限り、フレーム補正を行い、修理することが可能であり、iPhone修理の専門店でも修理メニューに入れていることがあります。ですが、大きな歪みや変形になるとフレーム補正もできず、iPhone修理を諦めざる負えないことは少なくありません。
ですが、最近ではiPhone修理の専門店でもフレーム交換を行うケースがあり、見捨てられていたiPhoneを救うことが可能です。中古品やジャンク品からフレーム部品を移植する方法や外部メーカー品のフレームに内部基盤をそっくり入れ替えるという方法もあります。非純正品のフレームも海外では、メーカーロゴや刻印が無いもの流通しているため、日数はかかるものの、フレーム自体の修理も実際には可能であり、対応する修理専門店もあります。そのため、修理を諦める必要は無くなっています。

Press Release

Post List

TOP